セックステクニック外伝

男性のオナニーと女性のオナニー事情を赤裸々にまとめています!実際に女性はオナニーはどれぐらいの頻度でするものでしょうか?

男女のオナニー事情

男女のオナニー事情

オナニーについて書いていこうと思っています。良く男性同士の会話ではオナニーをした、しなかった、週に何回オナニーをしているなどの会話は気兼ねなく交わされます。中には男性でもオナニーをしたなど言わない人もおられますが、まぁ、大体の男性はオナニーの話は抵抗無くしています。

しかし、女性の方はどうでしょうか?以前に有名な女性雑誌ananでセックス特集というものが組まれていました。その特集の中に女性のアンケートでオナニーはするか?というアンケートがありました。

■オナニーはする?

■オナニーはしない?

という形式のアンケートで、何と100%のうちに73%の女性がオナニーをすると答えていたのです。73%と言ったらほとんどの女性がオナニーをしているということになります…。驚愕の事実です!

しかし、女性にとってオナニーは超がつくほどのタブーなのです。実際に私も経験はありますが、合コンなどでオナニーとかするの?とかそのような不躾な質問を良くしていましたが、ほぼ大半の人はしないと答えていたからです。

だから73%の女性がしているなんて、その頃の私にとっては驚きました!しかし、年を取るたびに、年齢と比例して人間というものは汚れていくものです(汗)

女性の酸いも甘いもいやがおうにも知ることになるのです。今ではまぁ、そんなものですよね~といった感じです。性欲は男性だけにあるものではなく、女性にだって性欲はあるものだからです!

オナニー女子

私の仕事関係の知り合いの女性の人はオナニーは良くするよ!というオナ女がいます!正直に言ってくれる人を何人か知っています!まぁ、風俗関連の仕事の影響か分かりませんが、先日もドンキーホーテにバイブを1人で買いに行ったとか言ってました(汗)

【オナ女(オナジョ)とは】

オナニーをしていると公言してる女子、そしてオナニーが大好きな女性。通常、女性のオナニー率はとても80%以上の人がオナニーをしていると言われていますが、女友達、彼氏にもオナニーはしてない、またはしたことないと言うのが現代の風潮になっていて、また女性のオナニーはまだタブー視されている。

男性のオナニー

オナニーについて語る前にまず、オナニーって?何語なのか気になりますよね。オナニーって英語っぽいですが、実はドイツ語です。結構、日本で使用される医学用語はドイツ語が多いんですよね!ちなみにオナニーを英語で言うとマスターベーションです!

マスターベーションだと長いので、オナニーの方が浸透したのではないか?と自分は勝手に思っています!それで、男性のオナニーについてですが、実は間違ったオナニーのやり方をしていると、早漏のきっかけになったり、遅漏になったり、射精障害になったりなどする可能性がありますので、その辺は注意するようにしましょう。間違ったやり方だけはしないようにしましょう。

正しいオナニーをしよう

男女のオナニー事情

オナニーは実はとても大切な事です。特に早漏やEDなどと言った病を抱えている人はオナニーで、早漏もEDも悪化してしまう恐れがあります。ただのストレス発散のため、快楽のためにするのではなく、訓練と思ってもいいぐらいです。

オナニー(訓練)良いオナニーをすることで、早漏やEDの悪化を防ぎ、奇跡的に回復する可能性もあるということです。時間のない現代社会では良く早抜きなどと言ったオナニーなどがありますが、あれは正しいオナニーとはいえません。

心身共に健康なオナニーをしていきましょう!まず、オナニーにはたっぷりと時間をかけた方がいいでしょう。時間のない人にとってはどうしても早く済ませたいとお思いになる方もいるかとは思います。しかし、そういった人でも、少しでもオナニーをする時間を長引かせるということを意識だけでも持つようにしましょう。

オナニーへの偏見

世間的にオナニーは恥ずかしいこと、ダメなことなどの風潮がありますが、実はオナニーをすることで、ストレスの発散、性欲の解消としてとても役にたっています!精神面においてこのようなメリットがあります!

※ただ、やりすぎには注意しましょう!

オナニーをやり過ぎると生身の女性に対して勃起をしない場合があります。

■性的興奮が起き難くなる場合がある

■女性器が気持ちいいと思えずに萎えてしまう可能性がある

またこれは、都市伝説的に言われていることなのですが、オナニーをやり過ぎると髪の毛が抜けやすくなるとも囁かれています。やはり何でもやりすぎは良くないので、きっとオナニーも同じかと思います!

物理的オナニー

■オナホール(テンガ)を使ったオナニー

■ラブドールを使った擬似セックスオナニー

■VRを使ったオナニー(注意 刺激が強すぎて普通のオナニーができなくなる)

ただ単純なオナニーに飽きてしまった人はこういったオナホやテンガなどの道具を使ってオナニーをすることで、また違った刺激を受けることができます。しかし、この物理的なオナニーも同じでやりすぎないようにしましょう!

  

関連記事→→→アダルトグッズ体験

女性のオナニー

女性のオナニー

女性が綺麗になる方法として、まず一番にあげられるのが女性ホルモンです。良くセックスをすると女性は綺麗になるといいますが、それは医学的にもちゃんとした根拠があります。 まず、女性ホルモンと言うのは何か?ということになりますが、女性ホルモンは、「エストロゲン」「プロゲステロン」という2種類あります。中でもこの、エストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれており、肌を綺麗にさせると言われています。

そして、もう1つのホルモン、プロゲステロンが多くなると気持ちが不安定になりやすかったり、落ち込みやすかったり等、イライラしてしまったりと情緒が乱れてしまいます。このように不安定になることで、皮脂分泌が過剰になり、ニキビやシミができやすくなったり、イライラが募り、暴飲暴食をしたりしまったりなどして太りやすくなったりもします。

しかし、オナニーをすることで、ストレスを発散することができ、そして、快感を得ることで満足感を得られ女性ホルモンの分泌が安定するのです。自律神経のバランスも安定しやすくなり、血行も促進され、美肌を保つことができるのです。

良く女性はセックスをして綺麗になると昔から言われていましたが、ちゃんとした根拠があるのです。オナニーもセックスほど刺激的ではありませんが、綺麗になる要素は十分にあるということになります。

しかもオナニーをすることで、自分の新たな性感帯を見つけることもできるし、更なる刺激を求められ女性ホルモンを活発化させることもできるでしょう。女性ホルモンを活発化させることでより多くのフェロモンを排出させることもできます。

※フェロモンはストレスを溜めすぎてしまうと枯れてしまうので、ストレス発散のためにもオナニーをすることはおすすめします。もちろん、大切なパートナーがいてくれたら、自ら進んでセックスを求めるようにしましょう。

オナニー鑑賞という羞恥プレイ

AVでも1つのジャンルとして確立されたのがオナニー鑑賞です。風俗店のオプションにもオナニー鑑賞というものがたまにあったりするお店もありますし、オナクラというオナニー鑑賞を専門とした風俗店もあります。

それぐらいオナニー鑑賞というものは世のエロ男性からの支持を集めているということにもなります。私もオナクラに行ってオナニーを見せつけたことはありますが、相当、気分が乗ってないとできないですね(汗)

私はどちらかと言えば女性のオナニーを見る方が好きなのですが、自分でオナニーをして女の子に見せつけるのも嫌いではありませんし、個人的に一番好きなのは、お互いのオナニーを見せ合うのが一番エキサイトします。

これはマンネリを感じているカップルの方々はぜひ、やってみてほしいことです!オナニー鑑賞は最高の羞恥プレイであって最高のセックスへの助走となります!

関連記事→→→現代の風俗事情

オナニーを真剣に語る

オナニーを真剣に語る

オナニーの歴史について少し調べてみました。今回、オナニーについて真剣に向き合おうと思ったのです。オナニー、自慰行為はやはり世間からはタブー視されています。それはオナニーが虚しく、そして寂しいものであるからです。

私がオナニーをする時も恋人もいなく、虚しくなって、イライラしてる時などに、AVを見て鬱憤を晴らすかのようにオナニーをします。オナニーが終わった後の、後の祭り感はもう本当に最悪です。自分でもそれは分かっておきながら、してしまうのです。

あれほど、終わった後の虚しさを感じながらも、日が経てばそんな後悔も忘れて、またオナニーをしてしまいます。セックスとオナニーはどちらも性行為ではありますが、セックスは1人ではできません。オナニーは1人ですることができます。ある特殊な性癖を持っている人は2人でもオナニーを見せ合いする人もいますが、それは例外です。

例えば100人の人にセックスとオナニーはどっちがしたいか?という質問をしたとする99%の人はセックスがいいと答えると思います!しかし、世の中は手軽に簡単にセックスができるわけではありません。オナニーならば手軽に場所は限定されますが、呼吸をするぐらい簡単にオナニーをすることができます。

しかし、1回のオナニーをただの性欲の解消のためではなく、ストレス発散のためではなく、もっと崇高に行わなければならないのではないかとさえ思います。

オナニーの語源は紀元前1000年頃、旧約聖書に登場するオナンという人が、セックスで射精を膣内射精せずに、外出しをしました。(この外出しした行為は色々とあったようですが…)当時は生殖を目的としない射精行為は悪い事とされていたようです。

その事でオナンは処刑されました。外出し行為は神への冒涜とされていたようです。一言でオナニーと言っても、このようにとても長く深い歴史があるのです。私も常日頃、オナニーはしていますが、たまには感慨深くオナニーをしてみようと思いました。しかし、感慨深さとか人間らしさなどの感情が入ると興奮が鎮まり勃起をしなくなります。

それはきっとエロさが薄まるからでしょう。オナニーという性行為はとても浅いようで深く、深いようで浅いものなのです!

男女のオナニーについてのまとめ

男女のオナニーについてのまとめ

オナニーはやはりうしろめたさがあり、オナニーをしていることを知られたり、見られたりすると恥ずかしいものです。しかし、オナニーは生きていく上で、絶対に必要な行為でもあります。だからといって、性をもっとオープンにしていくのがいいかと言われたら…それは返答に困ります。

ただ、私はある障害者の性についての本を読んだことがありますが、その時に障害者の人が性とは自分の生まれてきたことを確認する作業だと言われていたことを忘れません。オナニーも衝動的なものではありますが、生存しているかを確認する孤独な作業なのではないかと思っています。



プロフィール

エロ猫

名前:エロ猫

職業:風俗評論・ライター・エッセイ

趣味:風俗通い・エロいこと全般!

座右の銘:エロは地球を救う!

エロいことが三度の飯より大好物!風俗、エロ本雑誌の編集社に勤めるも、1年で退社!念願の風俗ライターへ!それから仕事を通じてセックステクニックを磨くこと10年!エロ猫は日本男子の草食化、そして少子化問題にメスを入れるためにセックステクニック外伝を立ち上げた!

運営者情報

セックステクニック

アダルトグッズ関連

性の悩みを解決する薬

風俗の最新情報

男女の性事情

スケベ体験談